クリス・モズデル

作詞家。エリック・クラプトン、サラ・ブライトマン、ボーイ・ジョージ、坂本龍一、YMOなどの楽曲の作詞を手がけ、またマイケル・ジャクソンと共作詞。映画音楽、オペラ、アニメのサウンドトラック(「ガンダム」、「攻殻機動隊」、「カウボーイビバップ」、「テクノライズ」、「ウルフズレイン」)、また日本社会党選挙用テーマソングも制作。東京音楽祭で作詞部門の金賞、ユキ・ハヤシ・ニューカーク詩人賞、最近ではコロラド州ボルダーの文学祭の詩部門で大賞を受賞。 "Visic"の推進者として、ビジュアル・ミュージックを提唱し、オーディオ・ビジュアルを結集したアルバム「Equasian」を発表。詩人、谷川俊太郎氏との共著「The Oracles of Distraction」は、それぞれの母国語で書いた詩に音楽をつけた作品。グラハム・ハンコック氏のベストセラー「神々の指紋」の展覧会ではサウンドトラックを作曲、ロンドンのドルリーレーン王立劇場にて、ロンドン・シティ・バレエ団が上演した詩劇「アマテラス」の脚本も担当した。

“When I read his lyrics, I see him in a chemistry laboratory, making Molotov cocktails – his eyes lucid, blue and very clear.”

— Ryuichi Sakamoto

“Magnificent . . . a banquet of sensory delights.”

— Vivien Allender, Vogue

“The most imaginative work being done in Japan today.”

— Sherry Reniker, Poetry Editor, Edge

“As a lyricist Chris Mosdell has stretched every boundary one can in his approach to structure and form. More poetic than a Kerouac or a Bukowski, yet just as blunt and edgy as his predecessors, Mosdell is a must read.”

Razor Reviews

Lyricist “extraordinaire.”

— Angela Jeffs, The Japan Times

2015© Ink Music. All Rights Reserved.